1. トップページ
  2. カサカサ肌なのに出来るニキビの改善方法は?

カサカサ肌なのに出来るニキビの改善方法は?

Presented by 「働く女のニキビケア化粧品

冬場になって肌が粉をふいたように乾燥しているのに、ポツポツと唇の周辺や頬にニキビができることがありませんか?

乾燥しているのにニキビができるなんておかしいな、と思うかもしれません。しかし大人になってから出来るニキビの原因は、乾燥した肌によるものが多いのです。

■思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビは脂っぽい肌にできるニキビです。
原因は毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まり、そこでニキビができて炎症を起こしたりします。

大人ニキビは乾燥肌にもできる
しかし、皮脂が少なすぎても肌の角質層をきちんとカバーできずに角質が厚く硬くなり、毛穴も詰まってしまいます。毛穴が詰まるとやはりニキビができやすくなります。

カサカサの肌なのにニキビができるようなら、まず根本的な乾燥肌を治して行くことが先決です。

■乾燥肌を改善する方法は

たっぷりの水分補給
化粧水などで皮膚に充分な水分を補給しましょう。乾燥肌用や敏感肌用、無香料や無添加など色々な種類がありますが、自分の肌に合ったものを選ぶのがコツです。

水分が失われないように肌をカバー

よく化粧水をつけた後にクリームや乳液で「カバー」することが勧められています。最近は「あまりいろいろとつけないほうがよい」という意見もあり、確かにそうした部分もあるのですが一般的にはやはりきちんと水分補給をしたら、それが失われないようにカバーするのも大切でしょう。

パックや美容液で肌にカツを入れても
必要に応じて、パックや美容液できちんと角質層にまで届くお手入れをする事も必要です。やりすぎはよくないのですが、肌質によってはこうしたさらなるスキンケアが必要なことも。